House Environment

アンテナを取り付けるなら業者選びが鍵になる|サービスに注目

アンテナ工事の依頼方法

技術力とサポートも重視を

リモコン

地上デジタル放送を受信してテレビを視聴するにはアンテナの設置工事も必要ですが、その作業は専門性が高いため業者に依頼するのが一般的です。
地デジアンテナ工事を行う業者には家電量販店の下請け業者の他に、アンテナ工事を専門とする業者や町の電気屋さんなどがあります。
中でもアンテナ工事専門業者は技術力が高く、受信障害が発生しにくいよう確実にアンテナを設置する能力に最も優れていることから多くの人に利用されています。
居住エリア内の地デジアンテナ工事に対応できる専門業者も複数ありますが、料金や技術力はどの業者でも同じではありません。
インターネットで検索すれば多くのアンテナ工事業者が見つかり、業者のホームページで地デジアンテナ工事料金を知ることができます。
地デジ放送を受信するアンテナには八木アンテナとデザインアンテナの2種類があり、後者の方が価格も高くなります。
地デジ放送の電界強度が弱い場合や複数台のテレビに分波する場合には、屋外ブースターを設置して電波を増幅させることも必要です。
配線工事も含めた費用全額は住宅環境や受信状況によって変わってきますので、依頼の前には業者に現地調査と費用見積もりをしてもらうことが欠かせません。
現地調査と見積もりを無料で実施している業者を利用すれば、複数業者の料金を比較検討することも可能になります。
地デジアンテナ工事の料金はアンテナ・ブースター・分波器や使用部品の本体価格に加え、取り付け料金やアンテナ調整等の工事費から構成されているものです。
見積もり書にそれらの料金明細がきちんと記載されている業者は技術面でも信頼性が高く、しっかりとした工事を実施してくれます。
強風などの原因でアンテナの方向がずれると受信障害が発生するため、その場合は再調整や修理が必要となります。
地デジアンテナ工事を業者に依頼する際には、アフターサポートのしっかりした業者を選ぶのが安心です。

耐久性や安定性も

テレビ

戸建て住宅での地デジアンテナ工事は、多くの場合は屋根の上で行われます。
高所作業となるので、個人ではなく専門業者の手で行われることがほとんどです。
業者なら、梯子や高所作業車などを利用して、高所でも安全に地デジアンテナ工事を進めることができるのです。
しかも業者は、放送局ごとのアンテナレベルを確認しながら作業をします。
基本的には、その場所で最もアンテナレベルが低い放送局に合わせて、地デジアンテナの高さや向きを調整するのです。
これにより、どの放送局の番組でも、ノイズを気にすることなく視聴できるようになります。
個人での地デジアンテナ工事の場合、アンテナレベルを細かく確認することが困難なため、しばしば特定の放送局の番組のみ視聴が難しいといったトラブルが発生します。
しかし業者による地デジアンテナ工事なら、そのような心配はないのです。
万が一トラブルが発生したとしても、保証があるため連絡すれば再調整してもらえます。
さらに業者は、耐久性や安定性に十分に気を付けながら地デジアンテナを取り付けます。
具体的には、ビスでしっかりと固定した上で、そのビスを包むようにシリコンで固めます。
これによりビスが、雨風で錆びたり外れたりするリスクが少なくなるのです。
また、強風などで地デジアンテナが倒れないようにと、支えとして複数のステンレスワイヤーも設置します。
こういった工夫により、地デジ放送の長年の視聴が可能となるので、その点からも多くの人が、地デジアンテナ工事を業者に依頼しています。

低コストが最大の魅力

リモコン

ご家庭で視聴しているテレビは、既に地上デジタル化にしていますか。
国内では数年前に、アナログ方式から地上デジタル方式に完全移行が完了しましたが、地デジチューナーを使えば現在でもアナログテレビで視聴が可能です。
しかし、アナログテレビが寿命を迎えた場合は、地デジテレビに買い変える事になるでしょう。
この際にテレビ本体が地デジに対応していても、アンテナを地デジ対応のものにしなければ視聴はできません。
特に一軒家に住んでいる方は注意が必要です。
従来型のアンテナから地デジ対応のものに変更するには、地デジアンテナ工事を行う必要があります。
この場合は、屋外の屋根などに設置されているアンテナをまるごと交換する必要があり、アンテナ本体の費用と工事代金が必要になります。
でも、最近では大掛かりな地デジアンテナ工事をしなくても、安価に地デジ視聴ができる方法として、室内アンテナの需要が急増中です。
室内アンテナは室内に据え置くタイプのアンテナなので、専門技術を必要とする通常の地デジアンテナ工事が必要ありません。
このため、地デジアンテナ工事代金が必要ない分、大幅に費用カットが行えるのが室内アンテナの最大の魅力です。
室内アンテナの機器代金も1万円以内で購入できるものが多いので、コストをかけたくない方にとっては良い選択肢となります。
また、室内型はマニュアルを見て自分で設置する事もできるので、気軽にアンテナ変更が行えるのも良い点です。

アンテナ工事の依頼方法

リモコン

地デジ放送を受信するためのアンテナを設置するには、電界強度の測定や方向調整・配線などに技術力を要します。地デジアンテナ工事を業者に依頼する際は、確かな技術を持ちサポートのしっかりした業者を選ぶことが大切です。現地調査と見積もりを無料で実施してくれる業者なら、工事費用も安心して検討することができます。

もっと読む

アンテナ設置を業者に依頼

アンテナ

テレビ放送はアンテナの向き1つで受信感度が大きく左右されるため、最初のテレビアンテナ工事が特に重要です。テレビ台数に応じた分配器・ブースターの設置も含め、テレビアンテナ工事には専門知識が欠かせません。テレビアンテナ工事の専門業者は技術力もしっかりしており、安定したテレビ視聴を実現させてくれます。

もっと読む

テレビを見るための工事

TV

地デジ放送を見るにはアンテナの設置が必要ですが、DIYでの地デジアンテナ工事をする方も多いです。しかし、どのアンテナでも電波の品質や強度、設置する安全面、作業スピードなどを考慮すると、業者に依頼してのアンテナ設置が人気を集めています。

もっと読む